ぶらり山陽路2

そのまま尾道に留まれば、あと数本貨物を撮れたのですが、66の2074レは西岡山で50分弱の停車がありますので、高速を飛ばせば万富辺りでもう一度撮れそうなので、貴重な66を追うことにしました(笑)
いつもの鉄橋では芸がないので、熊山-和気でポイントを探しましたが、う~ん(汗)
意外と撮りにくい場所でした。ここは、下りは俯瞰で吉井川をバックに、撮れるポイントがあるようなのですが、上りは山があるけど登り口が見つかりませんでした。
1006sanyo_01
サイドでもう一枚。
1006sanyo_02
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 4

佐倉  2014, 10. 07 [Tue] 10:48

 ここはもしかして向こう側が川のところですか?
 左というか背中の方に斜面があって、昔、そこに登って下り列車を撮った場所かもしれません。
 山肌には影がありますが、列車が陰らないで良かったですね。
 暗いバックで列車が引き立っています。
 

Edit | Reply | 

tamura  2014, 10. 07 [Tue] 16:01

ここはコンテナを沢山入れて撮ってみたいところですね。
でも1枚目のイメージは、周りが緑で良い感じです。
陽が当たる時間帯と上り下りの兼ね合いなので、以外と条件クリアが難しいかも、、、

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 10. 07 [Tue] 22:41

佐倉様

お察しの通りの場所かと思います。
熊山駅から和気方向に進んで、線路が東西方向になったあたりで、写真ではまるで気配がありませんが、線路の向こうの道は吉井川の土手になります。(罐の後方の白い看板が吉井川と書いた看板だったと思います。)
川に向かって扇状地のようになっていますから、左右どちらにも山があります。
下りを見渡す山は登れそうでしたが、上りを見渡す山は線路が見える側は登れる雰囲気ではありませんでした。
この日の午前中は、お日様は枯れ鉄の思う通りに照らしてくれました。 

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 10. 07 [Tue] 22:46

tamura様

この築堤を走る区間は、本線の長大編成もおさまりそうな長さですが、如何せん、色々な障害(高圧鉄塔、繁み、標識)がありまして思うにいきませんでした。
左方向の茶色のフェンスは仕方なく入れましたが、それでも編成の1/3程度しか写せてないです。
ここは、午後の下り向きの場所かと思います。

Edit | Reply |