五山送り火

8月16日の京都市内は、全国ニュースになる程、土砂降りの大雨。
東寺の堀はあふれるは、マンホールから水が噴き上げ、道路が盛り上がってしまう事態でした。
日中はこんな状況でしたが、京の町衆の願いは天に届き、8時前には雨も止み、なんとか点灯されました。
保存会の方の並々ならぬ努力があってのこと。感謝感謝です。
今年は、点灯時間が変わったこともあって、宝が池球技場付近で、大、妙、舟を見ました。
雨の所為で、去年より火力が弱いようです。
0818daimonji_01
間近で見る妙も、炎の上がりが少ないですね。
0818daimonji_02
いつもは正面から見る舟も今回は、角度が浅く、ヨットに見えます(笑)
0818daimonji_03

スポンサーサイト

COMMENT 4

tamura  2014, 08. 19 [Tue] 09:04

夕刻まで続く豪雨でてっきり中止かと思いましたが、実施したんですね。
薪がびしょ濡れで火が付かないかと思いましたが、、、何か工夫があるんでしょうね。
さすがに火の勢いが弱いようですが、文字や柄はキッチリ刻まれていますね。

Edit | Reply | 

佐倉  2014, 08. 19 [Tue] 10:27

 この時期に台風でも無くてこんなに雨が降る事も珍しいですね。
 保存会の方々のご苦労が想起されます。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 08. 19 [Tue] 23:19

tamura様

諦めてましたが、町衆の執念です(笑)
重油を撒くと聞いたことがありますので、入念に注意をして使うのだと思います。
妙は点火後5分経過ぐらいの映像なので、本来なら一番よく燃えているはずなんですが、仕方ないですね。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 08. 19 [Tue] 23:22

佐倉様

西日本の今夏は酷いものです。
日照が少なく、鉄が干上がるばかりか、早場米は米の成長が悪く実が小さいそうです。
コシヒカリ系統はもう少し遅いので、今後天候が戻ればなんとかなりそうですが、品質に影響しそうです。

Edit | Reply |