備南のディーゼル機(2)

今回は、水島臨海から戻ってくる列車です。同じ1512号機ですが、撮影日は昨日の写真の翌週です。
この角度から撮ると、2側が見えず、L型ロコのような感じです。
後ろの家屋が見えなければ、さらに長閑な雰囲気になるのですが、仕方ないですね(笑)
西富井-球場前
0624mizushima_01
後追いです。倉敷の中心を向くので、こちらはちょっと雰囲気が変わります。
0624mizushima_02

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 4

佐倉  2014, 06. 25 [Wed] 07:22

 臨海地帯で平地かと思いきや、結構アップダウンがあるんですね。
 帰りはコンテナに隙が目立ち、軽そうです。(笑)
 
 貨物時刻表を見ると、東水島まで下りは3本あるのに上りは2本...と言う事は、下りの単機回送が有るのかも知れませんね。
 それで、上りは荷物が2/3になるので、コンテナに隙が目立つのかしら??

Edit | Reply | 

tamura  2014, 06. 25 [Wed] 08:18

コンテナがフルではないのですが、色や形が違うので結構面白いです。
ちょっと昔の貨物列車的な雰囲気が感じられて良いです。
DE10の場合、工場や家並みが入っていても不思議と気になりませんね。(笑)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 06. 26 [Thu] 23:05

佐倉様

市内に入って高架になるので、そこの登りです。
意外と短く、ちょっと拍子抜けでした。

貨物時刻表は、誤植のようです。3095レは東水島の着時刻が記載されていますので、途中時刻の部分が飛んでいるようで3往復なんだと思います。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 06. 26 [Thu] 23:08

tamura様

ここまで、雑多なコンテナが積まれると、返って面白いですね。
もともと街中を走っていたのもいましたからね。
昔、憎きDE10、今、貴重なDE10です(笑)

Edit | Reply |