ああ1046号機

1019号機の交代に1046号機が来たと喜んだのもつかの間。
駐在日数9日、運用数6とスピード帰還してしまいました。
悲しい思いを込めて、滞在中の記録をご紹介します。
根雨黒のあと、根雨で3083レと交換停車中に追い越して、岸本で待ち受けました。
ここまで来ると、朝陽を浴びて車体が輝き、美しさを増します。
0604hakubisen_02
流し撮りでも。
稲の成長で、もう水鏡にはなりません。
0604hakubisen_01

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 4

tamura  2014, 06. 05 [Thu] 08:54

稲が育ち始めると水鏡は敵いませんが、季節感としてはバッチリですね。
おや、コキでダンプを運んでいる、、、訳ないですね。(爆)
でもちょっと面白いです。空コキの意外性、、、

Edit | Reply | 

佐倉  2014, 06. 05 [Thu] 09:51

 本当だ、コキがダンプ積んでますね。(笑)
 稲の生長は早いので、田植え後の水鏡の期間は短いですが、お写真の程度だと水が多ければ未だ映りそうな感じもします。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 06. 05 [Thu] 22:42

tamura様

育ってくれないと、お百姓さんが困りますし、仕方ないですね。
稲の植わっていない所は、風で波立ってましたから、どちらにしろダメでした。
ダンプねぇ。
道路沿いを走っているのですが、列車で隠れるとふんでました(笑)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 06. 05 [Thu] 22:47

佐倉様

あれっ、枯れ鉄には、1046号機が満コキで通過しているとしか見えませんが(爆)
もう少し米子よりに、田植え前の田圃があったのですが、風で見事に波立ってましたから、どちらにしても叶わぬ思いでした。

Edit | Reply |