時を超えて・・・

その公園に入っていくと、時の流れが止まった空間の存在に気づく。
駅舎の前を左にまわると、そこは紛れもない昭和の息吹が。
油臭い線路。踏切警報ではなく鐘の音。
一瞬にして、中学生に戻ったような気になれる。
ここは、柵原ふれあい鉱山公園。
鉄道愛好家により、同和鉱業片上鉄道線の車両が今も動態保存されている。
ここの保存会の人は、本当に鉄道が好きで、片上鉄道が好きな方たちです。
0602yanahara_01

0602yanahara_02

0602yanahara_10

0602yanahara_06







スポンサーサイト

COMMENT 0