213系

伯備線でも見かけてはいましたが、211系の塗色変更だと思っていました。
よぉ~く見ると、2枚扉で・・・・
とりあえず撮っておこうの写真ですが、現像してみると、なにやら顔つきの違う車両が写っています(撮った時は気付いていません)。
まずは、ノーマル213系3連です。
0317sanyo_02
こちらは、クハ212形100番台です。
中間車を先頭車に改造したというのは、なんとなく分かります。
ただ、115系の食パンよりは、見られますね(笑)
0317sanyo_01

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 4

tamura  2014, 03. 18 [Tue] 14:31

淡い個性

最近の電車は皆同じように見えちゃいますね。
隅々まで比較すればだいぶ違うとは思いますが、車体が銀色ベースというのも一員かもしれません。
他路線へ転属させても、シールを張り替えるだけで済んでローコスト。
中間車の制御車改造は、まるで模型みたいですね。(笑)

Edit | Reply | 

佐倉  2014, 03. 18 [Tue] 17:36

電車

 電車の事は良く分かりませんが,211系の亜流でしょうか?
 電車も貫通扉の方がお好みですか?(笑)
 都会ほど乗り降りの頻繁でないところは,2つ扉の方が冷暖房効率が良いのでしょうね。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 03. 18 [Tue] 22:36

tamura様

この時代はまだ通勤タイプと、近距離車両が違う顔をしていましたから、ましな方かも。
塗り分けが少なく、銀色となると同じように見えます。
小高模型のペーパーキットで、先頭部分だけが真鍮製というのに似ています(笑)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 03. 18 [Tue] 22:44

佐倉様

211系と同時代の車両なんでしょうね。
働き場所が名古屋以西と飯田線ですから、関東の方には馴染みのない車両ですね。
枯れ鉄も関東在住が長かったので、馴染が無いということにしておきます(笑)
2枚扉というのが、活躍の場を限定させてしまったようです。

鉄道車両というものは、正面貫通が基本です。
最近の車両は、基本を忘れているので、どうもいけません(爆)

Edit | Reply |