伯耆溝口-江尾

前回初めて撮った伯耆溝口-江尾で長玉で狙ってみました。
長玉で狙うと、カーブまで入るので、同じ場所で撮った感じはしませんね。長玉で狙うとどうしてもパンタが掛かってしまいます(汗)
0216hakubisen_01

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 4

佐倉  2014, 02. 17 [Mon] 07:29

パンタの位置

 後方がカーブに載って,これはなかなか良いアングルですね。

 長玉を使うと架線柱の間隔も圧縮されますから,パンタが抜ける事は先ずないでしょうね。
 そんな中でも,お写真は前パンがきちんと架線柱の間に来ていますので,シャッタータイミングはベストだと思います。

Edit | Reply | 

tamura  2014, 02. 17 [Mon] 19:30

望遠効果

列車主体で撮る場合、望遠で狙うと圧縮効果と共に安定感が増しますね。
後方がカーブしているため列車の編成も良く見えて良い感じです。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 02. 18 [Tue] 00:00

佐倉様

後方のカーブはなかなかいい感じなのですが、左にちょっと建物が絡んで、最大限には活かせてない。
400mm近くになると、両パンタを抜くのはまず無理ですね。それと気をつけないといけないのは、パンタの上が切れることですね。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2014, 02. 18 [Tue] 00:02

tamura様

望遠レンズの圧縮効果は、列車撮影には必須ですね。
直線よし、カーブよしです。
後方のカーブをもっと中心に撮れるポイントを探したいと思ってます(笑)

Edit | Reply |