C5741福知山時代

続いて、C5741の福知山時代です。
このカマは、福知山時代にはタブレットキャッチャーが付いていない。
福知山を出てから取り付けられたようですね。
この当時、福知山区はC57の定期運用がなかったのに、41、87、128、152と4両も在籍し、
普段はどうしていたのか不明(爆)

写真は、嵯峨を発車して、最初のトンネルに入る手前です。
何かのイベント列車と思われます。

c5741_01

トンネル突入寸前を後追いで。タブレットキャッチャーは付いていない。

c5741_02

お願いしまぁ~す。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 6

佐倉  2010, 11. 10 [Wed] 15:35

41号機

 ナンバープレートが少し高い位置に付いていた41号機、宮崎時代も重油タンク付きで、他の罐とは大分違った印象でした。
 天龍寺の近くにあった小さな踏切を通るC57の写真を見て、実際に行って見たことがありましたが、あの辺から更に西へ行った辺りでしょうかね。
 今は旧線をトロッコが走っているんですね。一度乗ってみたいです。

Edit | Reply | 

JZX81  2010, 11. 11 [Thu] 04:43

蒸機って個性が強いですね。
やはり電機では味わえない奥深さを感じます。

ナンバーが上って・・・なぜでしょう?

Edit | Reply | 

青列車  2010, 11. 11 [Thu] 19:04

この組み合わせやろうと思えば今でも不可能ではないですね(^^);>C57牽引の12系客車。最悪JR東と西の手持ちを合わせれば12両編成も夢じゃありません(もっとも、12系12両440トン、C57単機では少々厳しいかも知れませんね。カマも西の1、東の180で重連させましょうか?かつて新津区で「一つ屋根の下」に寝泊まりし「同じ釜の飯」を喰った中同士の両機、是非再開をさせてやりたいものです(そして磐越西線か羽越本線辺りを走らせて…)。

当時最新鋭の12系客車、イベント列車かそれとも多客期臨客かはたまた団臨か?蓮ボウ完備は夏場でも窓を開けずに済むので蒸機牽引でも乗客にはノープロブレムなのは福音でしたね。もっとも最新鋭客車が煙で燻されるのは或いは現場はいい顔しなかったかも知れませんね(^^);

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2010, 11. 12 [Fri] 18:21

佐倉様

>  ナンバープレートが少し高い位置に付いていた41号機、宮崎時代も重油タンク付きで、他の罐とは大分違った印象でした。
そうなんです。ナンバープレートが異様に高い。当時はぜぇ~んぜん気付いてませんでしたが(笑)

>  天龍寺の近くにあった小さな踏切を通るC57の写真を見て、実際に行って見たことがありましたが、あの辺から更に西へ行った辺りでしょうかね。
正解です。
野々宮神社の踏み切りから、西へ。ちょうど小倉山を抜けるトンネルの入り口です。

>  今は旧線をトロッコが走っているんですね。一度乗ってみたいです。
トロッコ列車に乗って、保津川下りで戻ってくるのが、定番コースですね(笑)
秋が綺麗だと思います。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2010, 11. 12 [Fri] 18:26

JZX81 様

> 蒸機って個性が強いですね。
> やはり電機では味わえない奥深さを感じます。
だから、遠目で判る。誰が一番に判別するかも楽しみでした(笑)

>
> ナンバーが上って・・・なぜでしょう?
メーカーの違いでしょうか。
ハチロクとか、C56と同じ上からの位置に、穴をあけてしまった。
付けた人間のセンス。
???

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2010, 11. 12 [Fri] 18:34

Re: タイトルなし

> この組み合わせやろうと思えば今でも不可能ではないですね(^^);>C57牽引の12系客車。最悪JR東と西の手持ちを合わせれば12両編成も夢じゃありません(もっとも、12系12両440トン、C57単機では少々厳しいかも知れませんね。カマも西の1、東の180で重連させましょうか?かつて新津区で「一つ屋根の下」に寝泊まりし「同じ釜の飯」を喰った中同士の両機、是非再開をさせてやりたいものです(そして磐越西線か羽越本線辺りを走らせて…)。
JR西が協力すれば、可能ですね。ただ、JR西が「ガメツイ」からなぁ(笑)
相当な金をよこせと言うでしょうね。
でも、実現したら大変なことになりそうです。
青列車さんも、出撃ですかね(笑)

>
> 当時最新鋭の12系客車、イベント列車かそれとも多客期臨客かはたまた団臨か?蓮ボウ完備は夏場でも窓を開けずに済むので蒸機牽引でも乗客にはノープロブレムなのは福音でしたね。もっとも最新鋭客車が煙で燻されるのは或いは現場はいい顔しなかったかも知れませんね(^^);
12系を最初に利用したのは、九州へ行く「雲仙51号」。最初は大喜びでしたが、減光できないので折尾まで一睡もできませんでした。

Edit | Reply |