C12208@立野(Retry)

モノクロのスキャンは一旦終えたのですが、露光調整をすることで露出不足のネガも、なんとかなる可能性があるので、Retryしてみました。
完全とは行きませんが、真っ黒だった画像に、なんとか機番が読めるレベルになったもののあり、見苦しいかもしれませんが、スキャン技術のご紹介という意味で(^^ゞ

立野に到着したC12の客レです。通勤通学の足として活躍しているようです。
しかしまぁ、太陽に向かってシャッター切ってます(^^ゞ
1222tatuno_02

C12の顔です。
下の写真と比べると、雲は飛んでますが、機番はなんとか読めるようになってます(^^)
1222tatuno_01

シルエット(@@)
VueScanではこれが限界でした。
1222tatuno_03

スポンサーサイト

COMMENT 7

tamura  2011, 12. 22 [Thu] 13:34

蘇る記録

最初はダメだと諦めていたものが復活するというのはワクワクしますね。
1枚目の写真は、絵を見た感じでは暗部のディテールも結構残っていそうなので、
画像処理でさらに追い込めそうです。
さならる秘蔵写真のアップを期待しています。

しかし、あの頃は逆光だろうが何だろうが、バシャバシャ撮っていました。

Edit | Reply | 

郷愁紀行  2011, 12. 22 [Thu] 14:41

未熟な時代でした

我が国鉄時代にも載っていた「アナログのデジタル化技術」
未だに理解せず放って置いてます。ーー
真っ黒なネガも判別できる可能性だけはあるらしいので
期待してますが努力してません(笑)

機番が分かれば図体の格好がなにであれ私は満足です(笑)

借り物で撮ってた時代、オートカメラなら何でもオートで写ると錯覚してました。
無知でしたねぇ、せっかくの大事な記録もピンぼけやスローで流れたり、勿体ない事でした。
おまけに安物のカメラで私の扱いが手荒だったのでフィルムが空回して
二重に写ったりフイルムが切れたり、
二重写りだけは何とか分離できないでしょうかね(爆)

Edit | Reply | 

佐倉  2011, 12. 22 [Thu] 15:01

C12208

 C12208は私も高森線で出会った罐でした。
 考えてみると、C12ってほとんど撮った事が無い罐です。
 記録に残っているのは、この208号機と高千穂線の287号機、それに大井川鉄道の164号機の3輌です。
 足尾線まで行っていればもう何輌か撮れたのでしょうが...

 露出アンダーのネガを補正してもノイズだらけになってしまいますが、これはそうでもないですね。
 架線注意の札もハッキリ読めて、やはりフィルムの情報量は多いのですね。
 

Edit | Reply | 

郷愁紀行  2011, 12. 22 [Thu] 20:36

ネガ蘇生

2度目失礼します。
C12208私も撮ってました。季節は逆の冬ですが、
コラボさせて貰いました(^^

あの雑誌によると ネガを一眼レフで撮り直しして
それをデジタル処理するのですね?
そんな手があったか?と、でも肝心の一眼と三脚がありません(笑)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 12. 22 [Thu] 23:04

tamura様

> 最初はダメだと諦めていたものが復活するというのはワクワクしますね。
スキャンニングも数をこなすと、色々と条件が見つかるもので、試してみて、画像が出てくると、やったぁ!って感じです。

> 1枚目の写真は、絵を見た感じでは暗部のディテールも結構残っていそうなので、
> 画像処理でさらに追い込めそうです。
> さならる秘蔵写真のアップを期待しています。
頑張ってみます(^^;

> しかし、あの頃は逆光だろうが何だろうが、バシャバシャ撮っていました。
目で見たとおりに写ると思ってました(^^ゞ
逆に、今のデジカメだと、見た目以上に写るので、昔の感覚でいると、面食らいます(^^;

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 12. 22 [Thu] 23:12

佐倉様

>  C12208は私も高森線で出会った罐でした。
>  考えてみると、C12ってほとんど撮った事が無い罐です。
>  記録に残っているのは、この208号機と高千穂線の287号機、それに大井川鉄道の164号機の3輌です。
>  足尾線まで行っていればもう何輌か撮れたのでしょうが...
枯れ鉄は、高森線と南延岡のC1255、西舞鶴の入換えと小口貨物だけですね。
C12は活躍の場が、盲腸線が殆どでしたから、行く機会が無かったですね。
足尾線に行かれなかったのは、惜しいですね。

>  露出アンダーのネガを補正してもノイズだらけになってしまいますが、これはそうでもないですね。
>  架線注意の札もハッキリ読めて、やはりフィルムの情報量は多いのですね。
明るさ、コントラストだけで補正した時より、露光で調整したほうが、ノイズは少ないと思います。  

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 12. 22 [Thu] 23:24

郷愁紀行様

> 我が国鉄時代にも載っていた「アナログのデジタル化技術」
> 未だに理解せず放って置いてます。ーー
それはもったいない、頑張りましょう。

> 真っ黒なネガも判別できる可能性だけはあるらしいので
> 期待してますが努力してません(笑)
> 機番が分かれば図体の格好がなにであれ私は満足です(笑)
> 借り物で撮ってた時代、オートカメラなら何でもオートで写ると錯覚してました。
> 無知でしたねぇ、せっかくの大事な記録もピンぼけやスローで流れたり、勿体ない事でした。
> おまけに安物のカメラで私の扱いが手荒だったのでフィルムが空回して
> 二重に写ったりフイルムが切れたり、
> 二重写りだけは何とか分離できないでしょうかね(爆)
失敗を数えたら、限りありません。同じようなことを枯れ鉄もやってますよ(笑)
それに加えて、ネガの傷みが加わってきたので、早くデジタル化しないとと、焦ります。

Edit | Reply |