ツバメのついたD60

皆様から、暖かいコメントを頂きながら、レス遅れていたことお詫びいたします。

大阪のマンションを引き払い、京都に住まいを移すことにしたので、パソコンの引越しに予想以上に手間取ったことと、生活のリズムがまだ整っていないため、皆様のブログにも立寄らせては頂いたものの、コメントなしでした。

さて、今日の写真はバッタ物、パチ物、色々と言われますが、筑豊にいた、ツバメのマーク入りのD60です。
こちらは、関西本線のD51よりもっとチャチ。

青列車さぁ~ん、客車のコメントお願いしますねぇ(笑)

chikuhod60_01

型を作って、スプレーしたようですが、好評なら大量に走らせるつもりだったのでしょうか?
chikuhod60_02

お願いしまぁ~す。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 8

青列車  2010, 10. 11 [Mon] 07:59

>>青列車**~*、客車のコメントお願いしますねぇ(笑)

はいぃぃぃ?お呼びですかぁ?(^^);
(って、これまたなんちゅープレッシャーを…)(^^);(^^);

お見受けした範囲で判るのは・・・カマ次位からオハフ61+オハ35+オハ35(オハ35はいずれも戦前型丸屋根)までは一目で判断出来ますが、4両目の鋼板屋根車が気になります(^^);
画面からだと細部が見えないので何とも言い難いのですが、推測するにオハ35(またはオハフ33)戦後型でしょうか?(ウインドシル・ヘッダーが見えますので10系は除外。オハ46・オハフ45各原型車はおそらく急行運用に忙しかった頃ですから筑豊各線のローカル運用には回ってこなかったものと推測しました)。

さて、D60。山口線にも走っていたカマですね。生憎その現役姿は殆ど見る機会はありませんでしたが、山口市の県立博物館にD601が静態保存されていてしばしば接していましたので、身近なカマでした。殊に、小郡機関区でC621・D521とともに揃い踏みしたカットには威風堂々の風格を感じさせてくれたものでした(鉄道90周年記念か永年勤続表彰か
その趣旨や理由までは存じませんが、広鉄局管内の職員宅にその写真をあしらわれた写真立てがありました。クラスメイトに国鉄職員の子息が複数あり、彼らの家を訪問した際拝見した記憶があります)。

はてさて、こんなレスでご希望に添えましたでしょうか?

Edit | Reply | 

JZX81  2010, 10. 11 [Mon] 10:29

お引っ越しされて京都の方になられていたのですね。
都人になられ、ブログもはんなりでしょうか?

D60というカマ、保存機でも見たこと無いのですが、なんだかデゴマルに似てるなと
思っていたら何のことはないデゴマルの軸重軽減の改造機なんですね。
浜田や津和野にも居たとのことですが、記憶が無いんですよね。

それにしてもこのデフのつばめのやる気の無さ、今でこそ「ゆるい」で片付けられますが
当時は何じゃこりゃだったのでしょうね。
つばめの位置が悪すぎ、これじゃ目立たないでしょう。

それにしましてもプレッシャーに打ち勝ち、鋭い切れ味の青列車さんのコメントは
いつもながら楽しみにしています。今や枯れ鉄さんのコメ欄の一番の楽しみに
なっています。

只見線のC11、地元で不穏な話が出ています。
何だか今回の運転で最後みたいな話がされており、町おこしのために協力していた
地元が次回も運転して貰おうと動こうとしているみたいです。
乗車券は発売2秒で売り切れたそうで、人気の高さは物凄いのですが、
只見線自体の今後も囁かれており、注目されます。
ちなみに試運転は26~28日、本運転は土日の30,31日の両日です。
どうです?魅惑の只見線へお出かけになられては如何でしょうか?
私は試運転全日程出る予定です。

Edit | Reply | 

佐倉  2010, 10. 11 [Mon] 11:51

D60

D50とD60は撮り損ないました。(^^ゞ
こんなマーク付きのも居たんですねぇ。初めて見ました。
どうせなら、もうちょっと高い位置にすれば良かったのに。
何もせずに手が届く高さで妥協した様な位置ですね。(笑)

Edit | Reply | 

アンギュロン  2010, 10. 11 [Mon] 22:41

デロクマルにスワローエンゼルは「ノーコメント」ですが
このカマの走行写真を・・・しかも、デフ・アップで撮られた
枯れ鉄さんの動体視力にポチッ! です(笑)。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2010, 10. 12 [Tue] 13:57

Re: タイトルなし

いつもありがとうございます。
枯れ鉄以外にも、青列車さんの客車、貨車のコメントを期待している読者がおられますので、今後ともよろしくお願いします。

> お見受けした範囲で判るのは・・・カマ次位からオハフ61+オハ35+オハ35(オハ35はいずれも戦前型丸屋根)までは一目で判断出来ますが、4両目の鋼板屋根車が気になります(^^);
オハフ61、オハ35は当時最もポピュラーな客車で、オハ61は背もたれが板だったので、オハ35の乗りましたけど(笑)

> 画面からだと細部が見えないので何とも言い難いのですが、推測するにオハ35(またはオハフ33)戦後型でしょうか?(ウインドシル・ヘッダーが見えますので10系は除外。オハ46・オハフ45各原型車はおそらく急行運用に忙しかった頃ですから筑豊各線のローカル運用には回ってこなかったものと推測しました)。
青列車さん、客車の本、書きませんか(笑)

>
> さて、D60。山口線にも走っていたカマですね。生憎その現役姿は殆ど見る機会はありませんでしたが>
そうですね、私らの記憶にあるのは、筑豊と、久大ですね。最も、久大は枯れ鉄が九州入りする前年にDE10に変わりました。

> はてさて、こんなレスでご希望に添えましたでしょうか?
弊ブログは、青列車様のレスで成立しております。今後ともよろしく。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2010, 10. 12 [Tue] 14:08

JZX81 様

> 都人になられ、ブログもはんなりでしょうか?
残念ながら、紳助文化圏なんで、はんなりとは・・・

>
> D60というカマ、保存機でも見たこと無いのですが、なんだかデゴマルに似てるなと
> 思っていたら何のことはないデゴマルの軸重軽減の改造機なんですね。
基本的に、60番台の蒸機は改造機ですね。

> 浜田や津和野にも居たとのことですが、記憶が無いんですよね。
枯れ鉄でも、大分に配属されていたのを知っているだけです。

>
> それにしてもこのデフのつばめのやる気の無さ、今でこそ「ゆるい」で片付けられますが
> 当時は何じゃこりゃだったのでしょうね。
> つばめの位置が悪すぎ、これじゃ目立たないでしょう。
あの門デフの小倉工場にしては、センスなさすぎですね(笑)

>
> それにしましてもプレッシャーに打ち勝ち、鋭い切れ味の青列車さんのコメントは
> いつもながら楽しみにしています。今や枯れ鉄さんのコメ欄の一番の楽しみに
> なっています。

本当に楽しみです。できるだけ客車が写っている写真をアップします(爆)

> 只見線のC11、地元で不穏な話が出ています。
> 何だか今回の運転で最後みたいな話がされており、町おこしのために協力していた
> 地元が次回も運転して貰おうと動こうとしているみたいです。
> 乗車券は発売2秒で売り切れたそうで、人気の高さは物凄いのですが、
> 只見線自体の今後も囁かれており、注目されます。
> ちなみに試運転は26~28日、本運転は土日の30,31日の両日です。
> どうです?魅惑の只見線へお出かけになられては如何でしょうか?
> 私は試運転全日程出る予定です。
情報ありがとうございます。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2010, 10. 12 [Tue] 14:10

佐倉様

> D50とD60は撮り損ないました。(^^ゞ
D50は最後までのこっていた140号機が、直前で廃車となり間に合いませんでした。

> こんなマーク付きのも居たんですねぇ。初めて見ました。
> どうせなら、もうちょっと高い位置にすれば良かったのに。
> 何もせずに手が届く高さで妥協した様な位置ですね。(笑)

かなり安易な細工です。
それだけ、C622の人気が凄かったということでしょうね。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2010, 10. 12 [Tue] 14:11

アンギュロン様

> デロクマルにスワローエンゼルは「ノーコメント」ですが
> このカマの走行写真を・・・しかも、デフ・アップで撮られた
> 枯れ鉄さんの動体視力にポチッ! です(笑)。

来る物拒まずです(笑)

ポチッありがとうございます。

Edit | Reply |