京の電車道~市電8~

昨日、tamuraさんが東山七条で2600型6系統をご紹介されていましたので、枯れ鉄も東山七条でコラボしてみました(^^)
知積院門前から西を眺めたところです。右が博物館、左は京都パークホテル(現ハイアットリージェンシー)で、その奥が三十三間堂です。さらに、博物館の北側には方広寺や豊国(とよくに)神社と、豊臣氏と関わりのある社寺が連なります。

東山通へ右折する700型6系統です。
この700型は、枯れ鉄が一番好きだった車両です。この電車だけは白と緑のツートンで、他の市電とは異なり、さらに折畳み扉が、凄く格好良く感じられました。この頃は、新し物好きだった、枯れ鉄であります(^^;
1108shiden_01

東山七条には、京都女子学園があり、小学校から短大、大学が一箇所にあり、この背後の坂は「女坂」と呼ばれ、通学時間帯は、女学生で一杯になります。
という訳で、少々女学生が写る一枚前のカットを(笑)という訳ではなく、このカットでは行き先が「東山七条」で、丁度運転手さんが、方向幕を回し始めているところですね。で上のカットでは、「植物園」に変わっています。
1108shiden_02

余談ですが、東山七条の次の停留所は「博物館三十三間堂前」で京都市電のなかで、最も長い停留所名でした(^^)
スポンサーサイト

COMMENT 4

佐倉  2011, 11. 08 [Tue] 10:44

 そう言えば、市電は途中で方向膜が変わってましたね。
 これは乗る側からすると分かり易かったと思います。
 今のバスはなんとか循環とかなんとか回りとか、ややこしいのが多いです。

 市電は無くなっても、いまも女坂は女子高生や女子大生で賑わっているのでしょうね。
 昔も今も、ちょっと近寄りがたいかも。(爆)

Edit | Reply | 

tamura  2011, 11. 08 [Tue] 19:18

700系はスマートですね

700系は折りたたみ扉が斬新で惹かれますね。
智積院側から見ると随分大きな木が道路に掛かっていて、今とは雰囲気がだいぶ違います。
写真を撮っていた頃、近くに女子大があるとは全く知りませんでした。う~ん、残念。(爆)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 11. 08 [Tue] 22:54

佐倉様

>  そう言えば、市電は途中で方向膜が変わってましたね。
>  これは乗る側からすると分かり易かったと思います。
京都の市電は循環系統やクネクネ走る系統があったので、必然的に変える必要があります。
この6系統は、京都駅を出て東山七条で変更で素早いのですが、その後が植物園とかなりそのままで走ります(^^)

>  今のバスはなんとか循環とかなんとか回りとか、ややこしいのが多いです。
LEDタイプだと一瞬で変わって、愛想ないですね。

>  市電は無くなっても、いまも女坂は女子高生や女子大生で賑わっているのでしょうね。
>  昔も今も、ちょっと近寄りがたいかも。(爆)
今も、女坂は健在で、最近は、プリンセスラインという赤いバスが走るようになったということは、ますます増殖しているのでは(^^)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 11. 08 [Tue] 22:59

tamura様

> 700系は折りたたみ扉が斬新で惹かれますね。
憧れの市電でしたが、なかなかめぐり合いませんでした(^^;

> 智積院側から見ると随分大きな木が道路に掛かっていて、今とは雰囲気がだいぶ違います。
確かにそうですね。大きな木は切られてしまって、スッキリしてますね。

> 写真を撮っていた頃、近くに女子大があるとは全く知りませんでした。う~ん、残念。(爆)
タイミングがずれていたのか、休み中だったか、残念でしたね(爆)

Edit | Reply |