オヤ3131

撮影場所は、前後のコマから関西本線の加茂-笠置あたりかと思いますが。
想定外で走ってきたので、後追い写真しかありません。
この場合、「建築限界測定用試験車」が大事なので、後追いで正解か(笑)
Wikipediaによれば、1956年(昭和31年)にオヤ31 31、オヤ31 32が連合軍簡易食堂車(部隊料理車)のスシ33 104、スシ33 105から改造されたとのことです。
枯れ鉄の生まれ年に、連合軍用の車両が改造されているということは、枯れ鉄は戦後生まれってことか(@@)

916_oya31_01

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 6

佐倉  2011, 09. 16 [Fri] 09:28

オヤ

 オヤの走行を撮れるのは珍しいですね。
 突然後ろから来て、見慣れない客車が付いていて、おやっ!?と思ったとか...(爆)

 想定外と言うことは臨時の筋でしょうか。
 車掌車が付いて、後ろには荷物車が付いて、実際に建築限界を計測していたのか、それとも回送だったのか、興味深いですね。

 マヤだったか、光学式の限界計測車は東北本線で一度撮った事がありました。

Edit | Reply | 

tamura  2011, 09. 16 [Fri] 11:06

これは貴重ですね。

限界計測車は写真でしか見たことないですが、
それもほとんどは止まっている絵です。
こうして走行している絵は初めて見ました。
遠目に見ると壊れているようにも見えちゃいますね。(笑)
珍しい写真をありがとうございました。

Edit | Reply | 

青列車  2011, 09. 16 [Fri] 12:47

オヤ3131の前身はオシ33104、その前身はオミ3511、ではさらに前身は?ウィキぺディアの該当ページにも記載はありませんでしたが、実車の窓配置から察しますにスハ32丸屋根車かオハ34辺りでしょうか?
空襲や艦砲射撃・機銃掃射の中何とか一命を取り留めた連中の中では状態がよかったのでしょうね。進駐軍に徴用され、大きな改造を喰らったモノと復元改造するのも一苦労、営業用車輛の整備が一段落した頃に、おそらく予備役だった同車がタネ車に選ばれたのでしょう。

戦中戦後の進駐軍用改造車や戦災復旧車の世界は伏魔殿か底無し沼か?(^^);現車の現役時代も短く資料も少なく当時を知る関係者も多くは鬼籍に入り、全貌はとてもじゃないのですが私如きの手には負えません(^^);

マヤ34ならしばしば荷物列車のカマ次位に入りEF58にエスコートされて走る姿を見掛けたものですが、オヤ31の走行シーンはついぞ見る機会はありませんでした。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 09. 16 [Fri] 23:01

佐倉様

>  オヤの走行を撮れるのは珍しいですね。
>  突然後ろから来て、見慣れない客車が付いていて、おやっ!?と思ったとか...(爆)
座布団一枚(笑)

>  想定外と言うことは臨時の筋でしょうか。
この時は父が車で柳生の里に行くのに便乗で、奈良区の88638サヨナラ運転を撮りに行った時。
それしか撮る予定でなかった(笑)
後追いしか無いということは、これがギリギリのタイミング。

>  車掌車が付いて、後ろには荷物車が付いて、実際に建築限界を計測していたのか、それとも回送だったのか、興味深いですね。
拡大写真で見ると、再度のウィングが出ているようなので計測中か。でも、新線でもないし??
>
>  マヤだったか、光学式の限界計測車は東北本線で一度撮った事がありました。
こういうのは、なかなか出くわしませんね(^^)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 09. 16 [Fri] 23:06

tamura様

> 限界計測車は写真でしか見たことないですが、
> それもほとんどは止まっている絵です。
> こうして走行している絵は初めて見ました。
確かにそうだと思います。

> 遠目に見ると壊れているようにも見えちゃいますね。(笑)
中で爆発があったかと(爆)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 09. 16 [Fri] 23:09

青列車様

> オヤ3131の前身はオシ33104、その前身はオミ3511、ではさらに前身は?ウィキぺディアの該当ページにも記載はありませんでしたが、実車の窓配置から察しますにスハ32丸屋根車かオハ34辺りでしょうか?
さらに遡るとは、さすが青列車様(@@)

> 空襲や艦砲射撃・機銃掃射の中何とか一命を取り留めた連中の中では状態がよかったのでしょうね。進駐軍に徴用され、大きな改造を喰らったモノと復元改造するのも一苦労、営業用車輛の整備が一段落した頃に、おそらく予備役だった同車がタネ車に選ばれたのでしょう。
戦勝国だから当然なんでしょうけど、進駐軍は好き放題だったのでしょうね。
>
> 戦中戦後の進駐軍用改造車や戦災復旧車の世界は伏魔殿か底無し沼か?(^^);現車の現役時代も短く資料も少なく当時を知る関係者も多くは鬼籍に入り、全貌はとてもじゃないのですが私如きの手には負えません(^^);
>
> マヤ34ならしばしば荷物列車のカマ次位に入りEF58にエスコートされて走る姿を見掛けたものですが、オヤ31の走行シーンはついぞ見る機会はありませんでした。

Edit | Reply |