C57(機番不明)@長谷

生野峠から下ってくる列車は、当然のことながら、絶気です(笑)
機番は不明ですが、当時の豊岡区で1・2次型で収煙装置なしのカマは、46、95、113、137、156号機。
このうち113、156号機はこのあと姫路側から上ってきますので除外。
さらにプレートの大きさから2桁の感じなので、46号機か95号機に絞れます。
46号機はデフに点検扉があり、95号機は点検扉がなさそうなので、95号機が有力です。
(余談ですが、最終選考に残った2両は、46号機は福島市児童文化センターに、95号機は諫早市県立総合運動公園に保存されています)

636レが軽快に下ってきました。
908C57_01

昨日の写真のカーブを河原から見ました。若干煙を吐いています。
908C57_03

次の692レも少しだけ煙を吐いています。
鉄道ファンの103号に掲載されていたダイヤでは、ほとんどの貨物列車にはDD54の前補機が付くのですが、692レには付いていません。ですから、DD54が付いてくると思っていて、構えていなかったから、この一枚しか撮っていなかったのかも?
908C57_02

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 8

佐倉  2011, 09. 08 [Thu] 13:06

 お見事な推理でした。
 蒸機は一台一台特徴がありますから、こうして何号機かを推理するのも楽しいですね。
 宮崎のC57より余程難しそうですが。(笑)

 下りの絶気は仕方有りませんが、この鉄橋も良い撮影地ですね。
 いろいろな所から撮れそうです。

Edit | Reply | 

青列車  2011, 09. 08 [Thu] 19:30

2両目はパス(^^);

カマ次位は客室窓が6つであること、台車がTR-52であることからオハニ36だとわかりますね。2両目はしかし…改造前なら良かったものの…ロングロングシートのオハ41!車内が混んでいて其処しか座席が空いてないならともかく、やっぱり避けちゃいますね(^^);(この窓配置からするとタネ車は元特ロのスロ51ですね。格下げ直後の車内改装前なら大喜びでしたが…もっともスロ50・51・52=スロ52はスロ51の北海道版です=は特ロとしてはシートピッチが狭いのでちと考えものではあります)。

Edit | Reply | 

郷愁紀行  2011, 09. 08 [Thu] 20:01

日本の風景

しつこいですが 川沿いを走る線路を見るとどうしても武田尾渓谷を走る蒸気機関車を想像してしまいます。

くどいですね?(爆)
それだけ後悔してます(涙)

Edit | Reply | 

tamura  2011, 09. 08 [Thu] 21:32

良い所がありますねぇ

一度も行けなかった播但線、あちこちの写真を拝見してもC57重連とか
3重連の印象が強くて、こういう風景はあまりお目に掛かっていないように思います。
鉄橋とか築堤は絵になります。最初の絵では川に転がる大きな石もアクセントですね。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 09. 08 [Thu] 22:49

佐倉様

>  お見事な推理でした。
いえいえ、佐倉師匠ほどの推理力はありません。

>  蒸機は一台一台特徴がありますから、こうして何号機かを推理するのも楽しいですね。
>  宮崎のC57より余程難しそうですが。(笑)
そんなこと無いですよ。1両はマル判り(11号機)、あとは集煙装置で半分くらいに分かれますし、3次型は1両だし。
>
>  下りの絶気は仕方有りませんが、この鉄橋も良い撮影地ですね。
>  いろいろな所から撮れそうです。
高見から撮れればなお良かったのですが。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 09. 08 [Thu] 22:53

青列車様

> カマ次位は客室窓が6つであること、台車がTR-52であることからオハニ36だとわかりますね。2両目はしかし…改造前なら良かったものの…ロングロングシートのオハ41!車内が混んでいて其処しか座席が空いてないならともかく、やっぱり避けちゃいますね(^^);(この窓配置からするとタネ車は元特ロのスロ51ですね。格下げ直後の車内改装前なら大喜びでしたが…もっともスロ50・51・52=スロ52はスロ51の北海道版です=は特ロとしてはシートピッチが狭いのでちと考えものではあります)。
折角のスロもロングロングシートにしてしまうと形無しですね。
思いっきり空いていて、寝られるなら考えますが、基本パスですね(笑)
ということは、この編成は大ヒメですね。姫路近辺の通勤対策にロングロングシート車を導入していたのでしょうね。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 09. 08 [Thu] 22:54

郷愁紀行様

> しつこいですが 川沿いを走る線路を見るとどうしても武田尾渓谷を走る蒸気機関車を想像してしまいます。
武田尾も一度行きたかったなぁ。
>
> くどいですね?(爆)
> それだけ後悔してます(涙)
もう取り返せませんものね(汗)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 09. 08 [Thu] 22:59

tamura様

> 一度も行けなかった播但線、あちこちの写真を拝見してもC57重連とか
> 3重連の印象が強くて、こういう風景はあまりお目に掛かっていないように思います。
確かに、生野-新井あたりの写真が多いかもしれませんね。

> 鉄橋とか築堤は絵になります。最初の絵では川に転がる大きな石もアクセントですね。
初めて気がつきました(汗)
確かに、大きくてアクセントになってますね。

Edit | Reply |