特急「彗星」青井岳通過

今回も旧ブログで一度アップしていますが、再スキャン成功を祝して、アップしますm(__)m
最も、このカマを蒸機以上に愛されている御仁も折られるようですから(笑)

この写真、元々は露出不足。現在使用しているVueスキャンでは、真っ黒にしかスキャンできず。
色々と試みましたが、適切な条件が見つからず諦めていました。
昨日、USB経由でPhotoshopで取り込んだところ、綺麗にスキャンできました。
枯れ鉄の「ドヤ顔」思い浮かべてください(爆)

当時は、考えもしなかったが、こうしてスキャンして振り返ると、
シャッタータイミングをもう少し遅らせたら、DF50がきれいに入ったなぁ
とか
でも、後ろの客車がその分消えるから、これがベターか(^^)
とか
ところで、機関助士の腕が気になるなぁ
とか、色々思いを巡らせます(笑)

ところで、タブレットを放り投げた後かと思いきや?
映像に写っているタブレットキャッチャーは、先が逆向いているので、これは逆方向の通過用でしょう。
(おそらく青井岳は、通過あるいは追い越し列車が逆線を通ることがあるのかと。)
ということは、この機関士はこの後、素手でタブレットを受け取るのか?
そういや、カマについてるキャッチャーてあまり使われていなかったような気も@@

628_01

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 6

高崎 吾郎  2011, 06. 28 [Tue] 11:57

すみませ~ん

お店の方~
ボタンが一回しか押せないんですけど。
さっきから5万回くらい押してるんです(爆)

ふっふっふ
DF50は我が国でもっとも美しい機関車であるゆえ、
文鎮なんかと一緒にしてはならんのです(笑)
見よ、この惚れ惚れとする御姿を。
亀山で見たお召し仕様の26号機など形容する言葉がありません。

>枯れ鉄の「ドヤ顔」思い浮かべてください(爆)
私には神様にしか見えません(核爆)

これですが、助手は素手でタマ取りに行ってますね。
聞いた話ですとタブレットキャッチャーって落っことす時が割とあり
受け取り失敗すると緊急停止させて取りに行かなければならず面倒だから
助手に取らせるって聞いたことあります。
寝台特急ですし、急停車してお客さんからクレーム来るのを避けるために
素手で取りに行っていたのかも知れませんね。

DF50、おかわりお願いします(笑)

Edit | Reply | 

郷愁紀行  2011, 06. 28 [Tue] 18:35

135ミリですか?

105ミリだとここまで大きくならないですね?
望遠の威力ですね。
顔と胴体がはっきりうつり最高です^^
いくらDLでも優等列車は撮っておけば良かったーー

「こんなもんいつでも撮れるわい」と
フィルムけちりました。
その後余裕が出来ても一回も訪れてません(笑)

Edit | Reply | 

佐倉  2011, 06. 28 [Tue] 21:09

DF50

 DF50はどうも狙っている列車の反対側から現れる事が多く、残っている写真はほとんどがケツ打ちで、正面から撮っているのは数えるほど。
 この彗星もその口です。(^^ゞ

 ところで、螺旋状のタブレットキャッチャーですが、私には向こうを向いている様に見えますが...
 螺旋の2週目が、上が光っていますので、これは手前から向こうへ向かっている様に見えます。(向こうからこちらへ向かっているならば、下側を見ていることになって陰になると思われます)
 よって、機関助手氏は此所に放り投げたのではないでしょうかね?
 でも、放り投げたタブレットらしきものが写っていませんね??
 やっぱり違うかな?
 (線画は見方によって出っ張ったり凹んだりしますねから...と言い訳)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 06. 29 [Wed] 09:17

高崎 吾郎様

> さっきから5万回くらい押してるんです(爆)
ありがとうございます。

> ふっふっふ
> DF50は我が国でもっとも美しい機関車であるゆえ、
> 文鎮なんかと一緒にしてはならんのです(笑)
枯れ鉄も、DF50は蒸機を駆逐したイメージはありませんが、
文鎮は駆逐した奴ですね(笑)

> 見よ、この惚れ惚れとする御姿を。
> 亀山で見たお召し仕様の26号機など形容する言葉がありません。
では、その姿も見ていただきましょうか(^_^)

> >枯れ鉄の「ドヤ顔」思い浮かべてください(爆)
> 私には神様にしか見えません(核爆)
それほど崇高な顔してませんから(爆)


> これですが、助手は素手でタマ取りに行ってますね。
> 聞いた話ですとタブレットキャッチャーって落っことす時が割とあり
> 受け取り失敗すると緊急停止させて取りに行かなければならず面倒だから
> 助手に取らせるって聞いたことあります。
> 寝台特急ですし、急停車してお客さんからクレーム来るのを避けるために
> 素手で取りに行っていたのかも知れませんね。
慣れれば手で取るほうが楽なのかも。
枯れ鉄が取ると、車体に当たった音に驚いて、落としてしまいそう。

> DF50、おかわりお願いします(笑)
了解しました(^^)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 06. 29 [Wed] 09:26

郷愁紀行様

> 105ミリだとここまで大きくならないですね?
多分、200ミリだったと思います。

> 望遠の威力ですね。
今はなき、コムラーのズーム。解像力はなかったけど、重宝してました。

> 顔と胴体がはっきりうつり最高です^^
> いくらDLでも優等列車は撮っておけば良かったーー
枯れ鉄はDF50が好きだったので、確実に抑えてました(笑)

> 「こんなもんいつでも撮れるわい」と
これは、いまも禁句ですね。
無くなる時に撮るよりも、輝いている時に撮るほうがいいですよ^^


Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 06. 29 [Wed] 09:41

佐倉様

>  DF50はどうも狙っている列車の反対側から現れる事が多く、残っている写真はほとんどがケツ打ちで、正面から撮っているのは数えるほど。
>  この彗星もその口です。(^^ゞ
鉄道ファン臨時増刊103号に出ているダイヤをみると、この時間帯はC57が途絶える時間で、駅で数学の話をしながら、休憩していたのではないかと思います。

>  ところで、螺旋状のタブレットキャッチャーですが、私には向こうを向いている様に見えますが...
>  螺旋の2週目が、上が光っていますので、これは手前から向こうへ向かっている様に見えます。(向こうからこちらへ向かっているならば、下側を見ていることになって陰になると思われます)
鋭いご指摘(汗)拡大して確認したところ、間違いなく向こう向きです。

>  よって、機関助手氏は此所に放り投げたのではないでしょうかね?
>  でも、放り投げたタブレットらしきものが写っていませんね??
それも、確認しましたが、ありません。
この当時、駅員が素手で取る姿を見たことがありますので、多分そうかと(^^

>  やっぱり違うかな?
>  (線画は見方によって出っ張ったり凹んだりしますねから...と言い訳)
平面でみると、見方によってどちらにも見えるように思います。と言い訳^^"

Edit | Reply |