ぶらりヘルシンキ③

翌日は、朝からウスペンスキ-大聖堂に行きました。
ここは、ロシア正教の寺院で煉瓦造りの見事な寺院です。
いったい何個の煉瓦が使われているのか。
1124hel_01

さすがムーミンの国ですね(笑)
1124hel_06

大聖堂は港の近くにあり、天気が良ければ絵葉書写真が撮れそうな所でした。
1124hel_02

トラムも撮影しています。
塗装が違ったトラムです。バイキングライン(ヘルシンキ⇔タリンのフェリー会社)の文字が入っているのでラッピング電車でしょうか?
1124hel_03

3連接5扉のこの車両、両端の車両は運転台と同じ高床ですが、真ん中の扉は低床でベビーカーや車いすがそのまま乗降できるようになっています。
1124hel_04


スポンサーサイト

COMMENT 6

佐倉  2016, 11. 25 [Fri] 08:34

フィンランド

 ちょっとご無沙汰している間に3つも進んでしまいましたので、纏めてコメントさせて頂きます。m(__)m
 北欧三国は消費税率が結構高いので、フェリーの中でものが売れるのでしょうか...
 鉄分少なめと言いながら、結構鉄分豊富ですね。(笑)

 教会や古風な(色は現代的?)町並みを背景にしたトラムは絵になります。
 ヘルシンキ中央駅はリトアニアのヴィルニウス駅に良く似た雰囲気で、確かあそこも切符買わずに駅に入れました。
 重連牽引の客レは良いものが撮れましたね。パンタグラフの上げ方が前機が前、本務機が後と、ちょっと変わった上げ方ですね。
 パンタグラフもシングルアームのようでそうで無い、面白い形です。(笑)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2016, 11. 25 [Fri] 23:36

佐倉様

消費税込の価格なのか、値札はフィンランドの方が高いです。
高福祉、高負担のなので仕方ないですね。

ヨーロッパの古い街にはトラムが似合います。ヘルシンキのトラムは風景だけでなく市民生活に溶け込んでいる感じがしました。

駅撮りとはいえ、日本では定期では走っていない、重連の客レは収穫でした。
パンタグラフは、安定感からすれば、下部がクロスで、上部がシングルでしょうけど、面白い形状です。

Edit | Reply | 

tamura  2016, 11. 26 [Sat] 16:12

寒そう

やはり何となく寒そうですね。
雪景色が好きなのですが、まだ気持ちの切り替えが不十分で、、、(笑)

そういえば、トラムのパンタ、駅で拝見した機関車のパンタとよく似ていますね。
機関車がトラムのパンタを2つ合わせたのか、トラムのパンタが機関車の半分なのかは謎ですが、、、

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2016, 11. 26 [Sat] 22:05

tamura様

まだ11月で本格的な冬はこれからだと思います。出雲の冬を思い出しました(笑)

確かに、トラムのパンタを2つ合せると、機関車のパンタになりそうですね。

Edit | Reply | 

レイルファンにっしー  2016, 11. 27 [Sun] 12:02

枯れ鉄さんこんにちは。

ご旅行でも無事にプチ撮りテツ出来てますね。古風な町並みも良いカットですが、路面電車の2コマ目、なんか嵐電みたいな塗色で、しかも3連!・・・ちょとカッコよすぎます。なんか日本みたいなカットですね。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2016, 11. 27 [Sun] 22:04

レイルファンにっしー 様


トラムは移動手段でしたから、比較的撮れました(^^)
確かに、嵐電とか京都市電のカラーに似ています。
それで、親しみが湧いたんですね(笑)

Edit | Reply |