流氷で暑気払い(笑)

お盆に入って、ネタも切れたので、カラー化写真で、繋ぎますm(. _)m
今回の写真は、完璧です(笑)
やや海が青すぎるかもしれませんが、そこは目を瞑ります。カラー化したあとPSの自動レベル補正、自動コントラスト、自動カラー補正で補正しましたが、これだけ再現できれば言うことありません。
0813color_01
釧網本線C58

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT 8

佐倉  2016, 08. 14 [Sun] 09:56

釧網本線

 これは綺麗にカラー化されていますね。もともとカラーフィルムと言っても信じて貰えそうです。(笑)
 海の青さも、北海道の冬の海らしい色で良いです。
 釧網本線の混合列車、これも撮らず終いでした。

Edit | Reply | 

まこべえ  2016, 08. 14 [Sun] 16:52

日高のC11といい、釧網のC58といい、良い感じに仕上がっていますね。
とくにこの写真は、赤みが強くなりがちな海があるにもかかわらず、カラー化ソフトを使ったと言わなければ、わかりません。
いずれ近いうちに、簡単でより高性能なカラー化ソフトが発売されるでしょうから、そうなると、当時は高価だったフジカラーなんか使わずに、はじめからトライXでしっかり撮っておけば良かった、なんて思う日がくるかもしれませんね。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2016, 08. 14 [Sun] 22:09

佐倉様

この写真は上手くカラー化出来たと思います。
こういう写真を見ると、寒かった記憶が蘇ってきます。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2016, 08. 14 [Sun] 22:15

まこべえ様

同じ海が写っている写真でも、石倉で撮った写真は、海面に赤潮が発生して、不合格になりました。
PSで赤味を抜くと白黒に近くなってしまうので、赤は重要な要素なのですが、出過ぎることが多いですね。
カラー化ソフトはどれくらいの価格になるのか分かりませんが、楽しみです。
こういうソフトが出来ると、最初のデジタル化の条件によって、カラー化の出来栄えが変わる可能性があるので、ネガを大事に撮っておかないといけませんね。

Edit | Reply | 

レイルファンにっしー  2016, 08. 15 [Mon] 09:28

枯れ鉄さんこんにちは。

カラー化シリーズが続きますね~。それにしてもこのカットはチップ輸送トラを連結した混合列車ですな。1984(昭和59)年のダイヤ改正まで混合列車の残ってた釧網本線では、ウェバスト式温気暖房で客車に温風送ってたのは有名ですね。

今の機材を持ってタイムスリップしたいものです。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2016, 08. 15 [Mon] 23:02

レイルファンにっしー 様

ネタがないので、カラー化シリーズで繋いでいますm(_ _)m

釧網本線は1984年まで混合列車が走っていたのですか。
この写真が44年前、この年の夏の九州旅行を機に、HNのとおり枯れ鉄になったので、その後のことは覚えてないのです。
今の機材を持ってタイムスリップできたら、どれほど嬉しいでしょう。

Edit | Reply | 

青列車  2016, 08. 16 [Tue] 18:22

亀レス失礼します。
本当にデジタル技術の進展には目を見張りますね。ちゃんとトラ9000のケージの黄緑6号カラーもしっかり再現されていますね。
おや?従う客車編成、先頭オハフはレアものオハフ60ですね。次位のオハ62より明らかに窓が狭く数も多いので間違いないでしょう。そしてスハニ62と最後尾はスユニ60の様ですね。やっぱり屋根上に煙突が出ているのでしょうか?冬の北海道で暖房が無かったら間違いなく生命の危機に瀕しますね。おや?スユニの後ろに更に2軸貨車がいる様ですね。しかしそこいらのワム車(ワム90000・ワム60000・ワム70000・ワム80000・ワラ1等)ではなさそうです。若しかしたらレ12000若しくはもう一世代前の冷蔵車でしょうか?

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2016, 08. 16 [Tue] 23:42

青列車様

青列車様、ご無沙汰しております。
白黒写真がカラーに変わるなんて、とんでもない技術です。

この頃は、先頭のC58しか見ていなかったのですが、いまこうして青列車さんに編成を語っていただけると、楽しいですね。

Edit | Reply |