田野~3~

田野の駅です。今回のアップした写真の一部は過去にアップしたものもありますが、枯れ鉄の最もすきなC57の一つ、65号機をもう一度ゆっくりとごらん頂きたく、記事にいたしました。
かつての「かもめ」専用機C5765号機は門デフK-5を装備していました。K-7の前身ともいえるK-5タイプは、デフが気持ち前下がで、さらにステーは僅かな曲線を描きながら、ランボート上ではなく少し下の位置に達している。これはK-3’と似ているが、やや小ぶり。

デフのアップです。
tano602_01

続いて、全体像。貨物列車なのが残念です。でも、貨物列車だからこそ、たっぷり楽しめたのですが(笑)
tano602_02

キャブもアップで。区名札は砲金製の立派な「宮」です。
tano602_03

さて出発ですが、真夏なんで出発シーンがスカです(笑)
tano602_04


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT 4

高崎 吾郎  2011, 06. 02 [Thu] 14:35

こんにちは。

師匠が好きと言われる所以が分かります。
これはカッコイイですね。
ただ、正面から見ると「架線注意」の表示が左右に付いているのが
目立ってしまうんですね。

ラストの一枚、歩道橋の一部が煤けてるのが現役時代のものと
教えてくれますね。

ポチ☆

Edit | Reply | 

佐倉  2011, 06. 03 [Fri] 00:02

65号機

 この罐はたった一度だけの遭遇でした。
 デフの形から,直ぐに見分けが付きましたね。
 41号機などと同じで、ナンバープレートの位置が少し高めですね。

 リンゲルマンチャートがしっかりと付いていますね。
 私が南九州を訪問した頃は末期で、このチャートはほとんど付いていませんでした。
 (チャートが付いていたと思われる)ステーだけ残っている罐は何輌か撮影しています。
 このチャートはあまり役に立たなかったのでしょうかね。(笑)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 06. 03 [Fri] 11:03

高崎 吾郎様

> 師匠が好きと言われる所以が分かります。
> これはカッコイイですね。
でしょう(笑)
だてに、「かもめ」を引いてたわけではないのです。
装飾なしで、特急の先頭にたっても恥ずかしくないフォルムは最高ですね。

> ただ、正面から見ると「架線注意」の表示が左右に付いているのが
> 目立ってしまうんですね。
これ、変わった位置についていますね。あまり効果的ではないですね。
本来なら、デフのアームに付けられますが。

> ラストの一枚、歩道橋の一部が煤けてるのが現役時代のものと
> 教えてくれますね。
歩道橋に触れられて、一瞬「ドキッと」。
歩道の上で撮影していた人、抹殺したので、それがバレたかと(爆)
>
> ポチ☆
いつもありがとうございます。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 06. 03 [Fri] 11:13

佐倉様

>  この罐はたった一度だけの遭遇でした。
枯れ鉄も一度きりみたいです。それだけに、田野駅でじっくり見られて良かったです。

>  デフの形から,直ぐに見分けが付きましたね。
ピカイチのデフですから(笑)

>  41号機などと同じで、ナンバープレートの位置が少し高めですね。
大森に保存されている一つ弟は、普通の位置に感じます。この違いは何でしょうね。

>
>  リンゲルマンチャートがしっかりと付いていますね。
>  私が南九州を訪問した頃は末期で、このチャートはほとんど付いていませんでした。
>  (チャートが付いていたと思われる)ステーだけ残っている罐は何輌か撮影しています。
>  このチャートはあまり役に立たなかったのでしょうかね。(笑)
なぜ九州にだけというところから疑問ですよね。

Edit | Reply |