立野のキューロク~2~

早朝に熊本駅に着いて、そのまま立野に向かいましたから、まだ朝の早い時間だと思います。
先ほどの貨物列車と、立野駅で交換する客レで、スウィッチバックを降りて、バックでたての駅に進入するところです。
門デフの79602です。前に流れる煙が絶妙で、車番が読み取れます。

tateno_11

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 6

佐倉  2011, 05. 30 [Mon] 09:29

バック運転

 96のバック運転自体は北九州でも見ていますが...
 こうして客車を押してのバック運転は、距離が短いとは言え大変だったでしょうね。
 現在のようにバックモニターは無し、車掌が後方確認しているのでしょうかね?

Edit | Reply | 

高崎 吾郎  2011, 05. 30 [Mon] 09:56

おはようございます。

バック運転ってカマ先頭なら未だ分かりますが、コレはもはや推進運転ですね。
今思えば結構無茶な運用を平気でこなしていたんですね。
コレは凄いです。

ポチ☆

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 05. 30 [Mon] 20:01

佐倉様

>  96のバック運転自体は北九州でも見ていますが...
>  こうして客車を押してのバック運転は、距離が短いとは言え大変だったでしょうね。
>  現在のようにバックモニターは無し、車掌が後方確認しているのでしょうかね?

言われてみればどうしていたのでしょうね。
車掌が、後ろを見ながら緑旗振っていたのでしょうか。
記憶にないなぁ。
でも、車のバックじゃないから、誰かが見ていたでしょうね。
まさか停止位置標識だけを目印に止まったわけではないでしょうし。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 05. 30 [Mon] 20:06

高崎 吾郎様

> バック運転ってカマ先頭なら未だ分かりますが、コレはもはや推進運転ですね。
そうですね。ここのスウィッチバックは駅部分だけのものじゃなくて、地図でも分かるようなスウィッチバックですから、推進運転ですね。

> 今思えば結構無茶な運用を平気でこなしていたんですね。
> コレは凄いです。
今でも、どうでしょうね。
気動車でも、運転士が移動していますかね。そのままだと、同じですよ。
ただ、気動車1両だと、自動車のバック運転みたいな感じですが(笑)

>
> ポチ☆

Edit | Reply | 

青列車  2011, 05. 30 [Mon] 20:57

車掌の誘導では?

気動車なら現在は運転士が車内を移動して反対側の運転台から運転できますが、蒸機は元よりDLであっても列車牽引時にはその手は使えません。勢い車掌のフライ旗誘導になることでしょう。旅客列車に乗務する車掌も当時は基本的には貨物列車の列車掛経験者ですから旗を振って誘導するのはお手の物だったと推測します。もっとも、推進運転では時速25キロに制限されてしまいますが、この区間の厳しい線形を思えばそれもまた止むなしでしょう。

79602にエスコートされる4連の客レ。もう少しで戦前と言っても通じるところでしたが生憎カマ次位から3両目(最後尾から2両目)、戦後製切妻車(おそらく鋼体化改造60代形式)の姿が見えますね(^^);
(やっぱりそんなところに目が行ってしまう私です)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2011, 05. 31 [Tue] 10:07

青列車様

> 気動車なら現在は運転士が車内を移動して反対側の運転台から運転できますが、蒸機は元よりDLであっても列車牽引時にはその手は使えません。勢い車掌のフライ旗誘導になることでしょう。旅客列車に乗務する車掌も当時は基本的には貨物列車の列車掛経験者ですから旗を振って誘導するのはお手の物だったと推測します。もっとも、推進運転では時速25キロに制限されてしまいますが、この区間の厳しい線形を思えばそれもまた止むなしでしょう。
恐らく、そうなんでしょうね。でも、当時は、そんなこたぁ関係ねぇ。
写真さえ撮ればですから、まるっきり記憶がありません(笑)

>
> 79602にエスコートされる4連の客レ。もう少しで戦前と言っても通じるところでしたが生憎カマ次位から3両目(最後尾から2両目)、戦後製切妻車(おそらく鋼体化改造60代形式)の姿が見えますね(^^);
> (やっぱりそんなところに目が行ってしまう私です)
青列車さんの目はごまかせませんね(笑)

Edit | Reply |