夜の伯耆大山

昨日は、方谷でロケハンしたのですが、思うようには行かず、ぐったりした状況でそのまま帰ることも考えましたが、原色1006号機が伯耆大山にいるので、立ち寄りました。
岡山駐留日数からして、来週か、来来週には稲沢に帰りそうなので、その前に逢っておかないと、悔いが残ります。
前日3083レで伯耆大山についた罐はここで一泊します。駅外れの暗い所でひっそりと翌日の3080レまで留まります(約23時間)
片パンなのが珍しいですね。
1004hkb_01
点検かそれとも私が写真を撮っているのを気づかれたのか、ヘッドライトが点灯しました。
1004hkb_02
伯耆大山駅で、出発待ちです。
1004hkb_03

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT 4

佐倉  2015, 10. 04 [Sun] 22:41

 片パンとは珍しいですが、室内灯が点いていて良い雰囲気ですね。
 ライト点灯は果たしてサービスだったのか...
 ついでに両パン上げてくれれば良かったのに。(爆)

Edit | Reply | 

tamura  2015, 10. 05 [Mon] 18:59

日が落ちてからの駅構内というのは、色々な光りが入り交じって良い雰囲気ですね。
機関車の中のほんわかした明かりが何ともいえないです。
直流機の片パンタ、確かにレアなショットです。(笑)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 10. 05 [Mon] 23:12

佐倉様

伯耆大山駅までの移動なので、片パンなのでしょうか。
手続のほうが面倒な気がします。
この後直ぐに、駅に向かって動き出しましたから、サービスと思いましょう(笑)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 10. 05 [Mon] 23:15

tamura様

最初は、駅外れなので真っ暗を想像していましたが、予想より明るかったですね。
周りが暗いがゆえに、室内灯の雰囲気が効果的になりました。
片パンでも、会えただけ良かったと思ってます。

Edit | Reply |