土佐電

桂浜の駐車場を後にしてはりまや橋に向かうのですが、さすがにシルバーウィーク、桂浜の駐車場待ちの列は延々と続き浦戸湾を渡るブリッジを越えてました。(おそらく桂浜に行くのに数時間を要するのでは)
桂浜で南国高知の美しい海を見ると、この後琴電のレトロ電車撮影を予定してましたが、高松ならまた行けばいいかと、パス。
一路、室戸岬を目指すことにしました。
その前に、土佐電だけは抑えて・・・・
とはいえ先を急ぐので、タイミング良くきた2両だけです。
ここは、併用軌道は交差点付近だけで、その他は一応車が走り難いようになっているので、専用軌道と呼びましょう。
0927tsdn_02
路面電車には、ビューゲルかZパンタが似合いますね。それにしても、デカイパンタです。
0927tsdn_01
ボディー、特に窓枠にRがついているので、レトロ感があっていいのですが、パンタがねぇ(笑)
0927tsdn_03

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 4

tamura  2015, 09. 28 [Mon] 15:01

今回はさわり程度のようですが、土佐電鉄は丸っこい車輌がメインのようですね。
パンタ車の方はかなり嵩上げしてますが、ビューゲルは楽々届くのがメリット?

Edit | Reply | 

佐倉  2015, 09. 28 [Mon] 15:57

 四国には路面電車が結構残っているんですね。
 この丸っこい車体もなかなか良いです。
 路面電車はやはりビューゲル>菱形パンタ>シングルアームですね。
 そう言えば都電のパンタも大きいです。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 09. 28 [Mon] 22:04

tamura様

昔ながらの電車が走っている感じでした。
路面電車ばビューゲルですね。
折り返し駅で逆進する時に、流れ方向が変わって、反動でスパークするのを見るのが好きでした(笑)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 09. 28 [Mon] 22:08

佐倉様

四国四県に二か所ですから比率は多いですね。

その昔の京都は市電はビューゲル、嵐電、京津がポールで、併用軌道を走る電車にパンタのイメージはなかったですね。
今は、市電はなくなり、嵐電がZパンタ、京津は普通の電車に変わってしまいました。

Edit | Reply |