備後落合に集まる気動車

64原色機は愛知に帰り、6627はパンタ故障で運用が読めずという日曜日、不戦ということも考えましたが、三次の蜂屋さんの蜂蜜を頼まれたのを口実にやはり出かけました。
奥出雲の古民家暖々さんでお蕎麦を頂き、三次に向かいました。
この辺りは列車本数が少ないので、狙いを付けて行く必要がありますが、丁度良い時間に現着しました。
塩町-下和知にかかる馬洗川の鉄橋です。このポイントは以前から尾道に行く途中で目を付けていたポイントです。
0713gbks_02

三次で蜂蜜を買って、芸備線沿いを備後落合方面に進むと、なんと途中で、先ほど撮影した列車を追い越しました。
これじゃ、みなさん車で移動されるはずですね。
備後落合にこの列車が到着すると、芸備線の新見行き、木次線の宍道行きが接続便として発車するように設定されているので、効率は良いです。
備後落合-道後山にて。
0713gbks_01
直ぐに備後落合方向に引き返し、今度は木次線を追います。
三井野原駅の進入です。20‰の上り勾配、苦しそうに上ってまいりました。
最近、出現したタラコ色です。ここは、木次線カラーの方が良かったような気がします。
ちなみに、木次線カラーはこちらです。
0713gbks_03
7/12撮影 NIKON D800E AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 4

tamura  2015, 07. 14 [Tue] 15:14

昔々はC58が走っていた路線ですね。
単行でまさにレールバスの風情、模型のレイアウトにも出てきそうな光景です。

Edit | Reply | 

佐倉  2015, 07. 14 [Tue] 18:30

 蒸気機関車時代の写真は見たことがありますが、この辺は全く地理不案内で地図を見ながら本分を読みました。(^^ゞ
 芸備線や木次線はクネクネと山間を縫うように走っていて、スピードも出ないのでしょうね。
 ロケーションの良い場所が一杯ありそうですが、単行のDCが一日に数本では何かついでが無いと行き辛いですね。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 07. 14 [Tue] 22:33

tamura様

新見区のC58が走っていましたが、あまり注目されてはいなかったのではないでしょうか。
この付近は列車本数が示すとおり、超のどかなところなので、単行気動車が本当にマッチします。
キハ10だと最高ですが(笑)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 07. 14 [Tue] 22:37

佐倉様

中国山地は、山が織りなすように聳えていますので、その山肌を縫って走る鉄道、道路はクネクネしてます。
スピードはゆっくりで、一度のんびり乗ってみたい気がします。
これまでこの付近を通過する時に、撮影意欲を掻き立てられるようなポイントは沢山ありましたが、列車本数があまりに少ないですね。

Edit | Reply |