京の春(3)

出町の後は百万遍知恩寺に立ち寄りました。

百万遍自虐ネタ
二十歳まで、百万遍が知恩寺というお寺であること、いえ知恩寺の存在すら知らなかった(笑)
さらには、知恩寺と聞いても、「知恩院の間違えやろ」などとアホなことを言ってました。

「いっぺん行っても百万遍」と祖父が良く言っていたのを思い出します。
で、百万遍を調べてみますと、「1人で念仏を百万回唱えること」なっており、そういうことからすれば、
「いっぺん言っても百万遍」が正しいのかなどと、考えてしまいます。
それはさておき、知恩寺にはふじ桜が咲いているとのことでした。ネットでは見頃を過ぎたように書かれていましたが・・・
花の勢いはありましたが、花数が少ないのは、散ったからでしょうか。
出町のおかめ桜のような、花満開というイメージではないですね。
0324chionji_02

0324chionji_01
このお堂の左手にふじ桜が咲いています。
0324chionji_03
スポンサーサイト

COMMENT 4

佐倉  2015, 03. 25 [Wed] 18:25

 中学時代の友人が京都大学に通っていた頃、百万遍の交差点から出町柳電停へ行く斜めの道沿いに下宿していて、何度か泊めて貰いました。
 その頃ですから45年くらい前になりますが、知恩寺は何度か訪問しました。
 当時はこの桜には気が付きませんでした。(若木だったか、植えられて居なかったか...)
 知恩院は有名ですが知恩寺はあまり訪れる人も無く、静かなお寺さんでした。
 今も変わりない佇まいですね。

Edit | Reply | 

tamura  2015, 03. 25 [Wed] 18:53

京都へ通い始めた頃、不思議な地名が多く、気になって調べたりしまして、百万遍=知恩寺を知りました。
普段は近所の方がたまに訪れる程度ですが、毎月15日は朝市が開かれるので要注意です。(笑)
それにしても、京都市内はお寺も多いですが、市も多いですね。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 03. 26 [Thu] 21:34

佐倉様

樹齢45年という感じの木ではなかったと思いますから、見逃されたのではないと思います。
早朝だったせいもあり、本当に静かで良いお寺でした。
午後になれば、近所の子供たちが遊びにくるような、まさに、京都のお寺さんです。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 03. 26 [Thu] 21:38

tamura様

知恩寺が15日で、弘法さんが21日で、天神さんが25日に市が開かれるのですね。
こちらの朝市だと、俗化されてなさそうで、一度行ってみたい気がします。

Edit | Reply |