大山時々刻々

3月改正で伯耆大山貨物が無くなるとあって、大山をバックに走る64の姿を収めておきたいところですが、大山はそう簡単に全貌を現してくれるやまではありません。
これまで、ずっと追い続けていますが、大山が本当にくっきり見えたのはわずか2回。
春から秋にかけてはほとんど霞みが掛かりますし、山陰の冬は極端に晴天率が低く、山が見えることが珍しい状態です。
今日の天気予報は、曇り時々雨でしたが、出雲では山が比較的ハッキリ見えるので、ダメ元で出撃です。
現着すると、山頂には雲が掛かってますが、雪化粧した大山の存在はハッキリしていましたので、小雨降る中、とりあえずカメラをセットしました。
南風に乗って、低い雨雲が次々と通過する状況で、山の見え方は時々刻々と変化してます。
さて、本命が通過する時は?
15:02
254Dと向こうからやってくるのが、伯備線からきた829Mです。愛嬌ある被りですね(笑)
0222higashiyama_04
15:17
1013Mやくも13号
肉眼では、この時が一番山がハッキリしていたように思います。
0222higashiyama_03
15:28
1022Mやくも22号
この時が最悪の条件でした。間もなく本命が来るというこの時間に、力が抜けました。
0222higashiyama_02
15:35
3087レ
この時間は本当に目まぐるしく変化し、本命通過直前に雨雲が通り抜けました。ホッ(笑)
0222higashiyama_01
山頂は雲が掛かっていましたが、なんとか雪の大山が存在感を示す写真が撮れました。
来週は所用で行けないので、残るチャンスは、3/7と3/8の2日。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

COMMENT 4

tamura  2015, 02. 23 [Mon] 18:56

いやはや冬の大山も難易度高いですね。
必ずしも晴れれば見えるというわけではない、小雨でも見えるというのは地の利が活きますね。
ハラハラやきもき、立山連峰でも感じましたので、よく分かります。
最後の本命でうまく収められて良かったです。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 02. 24 [Tue] 23:06

tamura様

晴れば霞む、曇れば見えないという難敵が、なんと小雨で顔を出しました。
いやはや、行って見るものですね。
山好きの同僚に鑑定してもらったところ、山頂付近まで見えていて、雲がかかっているのは僅かとのことで、良かったです。
さて、抑えはできたので、来来週にスキッと見えるのを狙いたいところです。

Edit | Reply | 

佐倉  2015, 02. 26 [Thu] 20:18

 結果的に本命の時が一番良い条件でしたね。
 大山が大きく写って、ナイスショットです。

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 02. 26 [Thu] 22:47

佐倉様

天候は悪かったのですが、出撃してみるものです。
大山もほぼ山頂まで見えていたので、良かったです(笑)

Edit | Reply |