最近、これに嵌まってます

子供の頃に脳裏に刷り込まれた記憶は、ある時突然蘇ることがありますが、まさにそんなことが起こっています。
鉄に目覚めた頃、梅小路にいるC57、C58、D51を追っかけていたのはもちろんですが、東海道線沿いを生活の場としているので、電機にも興味は持っておりました。
今思い返せば、DLは蒸機を駆逐する敵でしたが、ELは電化で駆逐した路線もあるのですが、好きでした。
当時、新鋭だったEF66はその斬新なスタイル、高速運転という子供があこがれる要素を兼ね備えた存在でした。
登場時とは塗色や弁当箱、庇など多少の差はありますが、面影はそのまま。
昨年、山陽路で禁断の果実に口を付けて以来、放っておけない存在となり、そして先日のタキイ前で66の姿を見て、もう完全にスイッチ入ってしまいました。
今朝は、5時起きで大門まで66ゼロを迎えに行きました。
大門-笠岡にて36号機牽引、2074レ
0124sanyo_01

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT 4

tamura  2015, 01. 25 [Sun] 16:18

これは見事な水鏡ですね。パチパチパチ!
お天気もバッチリで言うことなし、あとはニーナですね。(笑)

Edit | Reply | 

佐倉  2015, 01. 25 [Sun] 18:02

お見事!!

 朝の綺麗な斜光線で66の台車がディテールまで描写され、コンテナは満載、更に見事な水鏡と来ればもう言う事ありません。
 5時起きの甲斐がありました。
 今日の一枚に出せば当選間違い無しです。(笑)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 01. 25 [Sun] 22:36

tamura様

ため池なので、そよ風程度なら何とかです。
27はどうなっているのでしょうか。
休車解除になると、身体を休める暇がなくなるかもしれません(爆)

Edit | Reply | 

枯れ鉄  2015, 01. 25 [Sun] 22:40

佐倉様

ありがとうございます。
この列車を何処で撮るかで散々悩みましたが、通過時間、出雲からの所要時間等を考え併せると、ここになりました。通過10分程前に、フレーム全体に光があたり出し、絶妙のタイミングでした。
会心の一作です(笑)

Edit | Reply |